走る犬の動画

所詮コンデジの兼任カメラマン(カメラに専任集中できないという意味で)は、犬が走ったり、じゃれ合ったりして、あ今撮りたいと思っても、カメラを用意した頃にはもう終わってて、なかなか撮りたいシーンが撮れない。で最近では、そういう気運が盛り上がりそうな時は先にカメラを(動画モードで)用意したり、色々努力?してるのですが、結局は片手にカメラ、片手でリード操作、目は周囲を監視…となると、なかなか思うようには行かないのですよ…
でも幾つか動きのあるのが撮れたので、一挙公開。

最初のは梅雨の初めに降り続いた雨で、今までで最長の3日近くも家に閉じ込められた後の散歩で。

同じ時のボール・キャッチ・シーンをまとめたもの。

広い公園でも走ったよ。

カメラが全然追いついてませんね…

別の日に再度トライしたけど、やっぱり付いて行けてない。それぞれ勝手な方向に走ってフレームアウト…どちらも何とか映ってた部分を繋いでみました。

今日は東京で雹が積もったとか。

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | コメントをどうぞ

特集

2,3日前に撮ったお尻の写真
P1010197ツムジのところ、どう抜いたらいいのか分からんじん…(゜゜)
P1010198左の方が良く抜けてます?(禿げてる?)
P1010199…という訳で相変わらず不揃いながら、でもまあ少し形になって来た??? 

以前の写真と比べると
P1000929←4月

P1000569 2月→





2013年 11月 ↓ P1000374

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | コメントをどうぞ

血液検査

フィラリヤ検査のついでに初めて血液検査して貰いました。
P1010184b1項目900円也。
全項目やると2万円くらいだけど、特に不安材料はないので基本の5項目(肝機能と腎機能?)に脂肪とコレステロール、血糖値をプラスして貰って8項目。飼い主のメタボ検診と同じくらいですかね? (・・?

ビンゴは9月で6歳。ドッグフードとか見てると7歳くらいからシニア犬の扱いになるようなんですが、シニアになってから初めて血液検査して、もし何か悪い数値が出た時、それがシニアになったせいなのか、前からなのか分からない? と思い決心。
相談した獣医さんの「この子の平均値を知っておくっていう意味では」っていう言葉がヒントになりました。

同時にやるフィラリヤ検査の方は1000円引きで、計約1万円也。

うちの獣医さんは分院で、フィラリヤ検査なんかはその場でできるけど、血液検査は本院から血清を取りに来るので、その時間に合わせて採血したいという事で数時間預け、飼い主はその間に買い物と美容院。(・・ゞ

あとから聞くと、押えてなくても全然動かないで採血できるので、本院から来たスタッフさんが感心してたそう(笑)

結果はひとまず、8項目全部正常値でした。(*^^)v
続きを読む

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | コメントをどうぞ

ビンゴと子供たち


少し前に、三つ前の記事のゴマくんのママが
「うちの姪が行ってる保育園のブログにビンゴくんが出てたよ」…

近所には保育園が幾つかあり、それぞれ野外活動の時間があるみたいで
散歩で行く公園にやって来たり、道を集団で移動してたりするのに出遭う。
でビンゴはよく子供たちに囲まれるのですよ。

ビンゴ自身子供が好きみたいで子供と一緒に遊ぼうとしたり、どこ触られても怒らないし(我慢してる?)、又子供たちの奇声にも動じない、跳びついたり吠えたりしないので、最初は「触っちゃダメよ」って言ってる保育士さんたちもその内容認?してくれるんですね。

上の話は多分、ある時道でちびっこ軍団と遭遇し、あれよあれよという間に取り囲まれて、でも後ろからいきなり触ろうとする子供たちに
「ちゃんと前からお顔見て、ご挨拶してから触ってね。この子は大丈夫だけど、びっくりして怒るワンちゃんも居るよ。あなただってこうやって、いきなり後から触られたり、上から手が出て来たらびっくりするでしょ? 叩かれるかもって思うでしょ…」等々話してたら、保育士のひとり(お兄さん)が「写真撮ってもいいですか?」って。
多分その時の写真だと思うのですが、保育所のブログはパスワードがないと見られないようになってるそうで、確認はできず。

上のように話すと子供たち、ビンゴの前に回り込んで「こんにちは!」って絶叫(笑)したり、それでも後ろから触ろうとしたり、まあ色々ですが、ヒトと犬の長~い共存関係がなんかおかしな事になって来てるような感じもする昨今の日本社会、将来犬嫌いの大人が少しでも減ればいいな、小さな子供たちには(時にはお母さんやお父さんにも)犬との触れあい方を知って欲しいと、事あるごとに講釈?してる飼い主です。(・・ゞ
(犬と同じ高さになって、少し距離を置いて先ず匂いを嗅がせ、手は下から出すとかネ…)

そんな子供たちとビンゴの触れ合いシーンをまとめました。
先日うまく行った YouTube の顔ぼかし機能、スライドショーの部分は顔のモザイクがかからないと分かったので、写真加工してやり直し…一箇所、お母さんの手(&ビンゴの口の部分)に何故かモザイクがかかっちゃってますが、部分カットして又やり直すの面倒なんで、そのままにしました。

ビンゴが初めて子供と「遊んだ」と言えるのは、2歳くらいの頃だったか。
近所の公園で2歳前と3歳くらい?の年子の男の子ふたりを連れて「私、どうなっちゃうんだろう…」って冗談半分に言ってたお母さんと出遭い、当時ビンゴはお友達と枝の取りっこして遊んだりしてたので、手近にあった枝を投げてやってると、それを見ていたお兄ちゃんの方が自分で枝を手に取って投げ、するとビンゴは喜んでそれを追いかけ…子供もビンゴもどっちも楽しそうで、育児疲れのお母さんには感謝され、育犬疲れの飼い主も感謝したのでした。 

ある時、寄って来た女の子に「オヤツ上げてみる?」って言うと頷くので、サツマイモのオヤツを渡すとビンゴにやる代わりに自分で食べちゃって、飼い主慌ててお母さんに「これサツマイモですから…」って説明した事もあった。お母さん、笑って許してくれて、そのみくちゃんとは、以来道で出遭ってもお互いに駆け寄ったりする友達になった。

でもね、「オヤツ上げてみる?」「うん」でオサツを取り出して、ビンゴに「オスワリ」って言ったら一緒に並んで座っちゃった子が居た時はちょっと焦ったヨ…(・・;)
(「じゃお母さんがいいって言ったら上げる」って見ると、お母さん、複雑な顔で黙ってるので…上げませんでしたよ…)

まあ犬の知能は人間の3歳児並みだそうなので、それくらいまでは人間の子供も、多分半分犬語で話してるんじゃないかと思う。つまり特に吠えたり喋ったりしなくても、なんとなくお互い気持ちが通じ合ってるんじゃないかって感じです。

2,3日前に facebook でスペインでレスキューされたフォックス・テリアの里親募集の記事を見つけてシェアした、その中の一節:

The Wire Fox Terrier is one of the oldest terrier types, dating from the seventeenth century. They were used by farmers to protect their stock by flushing out prey animals, such as foxes and rats. The Wire Fox Terrier is generally considered to be loving, enthusiastic, playful and a fine companion for children.

~~ワイヤー・フォックス・テリアは17世紀に遡る最も古いタイプのテリアのひとつである。彼らはキツネやネズミのような捕食動物を追い出す事によってストック(農作物の?)を守るために、農民たちに使われた。ワイヤー・フォックス・テリアは一般的に、愛情深く、熱狂的、遊び好きで子供にとっていい仲間である。~~

…ほらね(訳が今イチのところもありますが、お許し下さい)、やっぱり子供といい友達って書いてある!
それにテリア気質とか凶暴とか、どこにも書いてないじゃん? と又しても思ってしまったあのにまです。(「ワイヤー魂」)

でもこの推定2歳の Mac くんは「10歳以上」の子供のいる家庭に向いてるそうです(笑)
(あと「走りさえしなければ猫とも大丈夫」とか「山羊が大好き」とか、英語の里親募集面白い!?)

まあヨチヨチ歩きの子供と足並み揃えて?遊んでやろうとしたりもするビンゴは、少し特別なのかもしれないけど…あでも、大きい子供たちとも、チャンスさえあれば遊びますよ!

カテゴリー: 犬ネタ, 飼い主ネタ | タグ: | コメントをどうぞ

異母兄弟

P1010121b左から満男くん、レオくん、ジャックくん、バジルくん、そしてビンゴ。
P1010122b満男くん、ジャックくん、バジルくんは同胎の兄弟で、色々偶然も重なって飼い主さん同士の連絡が取れ、そしてバジルくんとビンゴは前のブログのプリンままさんのお陰で親戚と分かり、でも最初はいとこ同士かと思っていたら、パパがおんなじ、つまり異母兄弟だったと分かり、更にバジルくんと前からお知り合いだったレオくんも、ビンゴより少し前に生まれた異母兄弟だった事が分かりました。

という訳で、ヘクトル・パパの5人、モトイ5頭の息子たちの揃い踏み(ちょっとボケてますが)。

満男くん、バジルくん、ビンゴの3頭は事前に別の公園で会って一緒に散歩し、その後車で移動して犬OKのお店でランチ。そこでレオくんとジャックくんが合流するも、店内では集合写真は難しそうだったので(…ちなみに5頭みんな未去勢…)最後に、夕方お店の近くの公園まで散歩して、微妙な距離を保ちつつ、且つ向きがてんでばらばらながらも、何とか同じ画面に収まった…という2枚でした。

その帰り道、奇跡的に5頭全部の顔が見える写真が撮れてた!P1010124b
…のはたまたまベルギー・シェパードの女の子が来てくれたから?
P1010125b
P1010129すかさず女の子のお尻をチェックに行くビンゴ。(゜゜)

それにしてもお店の中でも、他の犬に対しては誰もガウガウしないのに、兄弟同士でガウガウ、それも静かにしてたかと思ったら急に賑やか?になったり、時に一触即発か?と思わせたり、かと思うと尻尾フリフリだったり…なんなんだろうねぇ…いつにも増して犬語が分かりたい! っと思った飼い主でした。
若い弟たちの他に数か月年上のお兄ちゃんも居る事が分かって、一挙に家族が増えた感じ…嬉しかったです! みなさん、ありがとうございました! 又会ってね。

オマケ: 続きを読む

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | コメントをどうぞ

Wirewalks II

プリンままさん、楽しい時間をありがとうございました! (詳しくはこちら
一緒に歩いてくれたルナちゃんとバジルくん、ありがとう!

みんなテンション上がってグイグイ行くので画面がすぐボケボケになってしまい…歩きながらのビデオ撮影は難しい!
比較的ボケてない部分を繋ぎました。
続きを読む

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | コメントをどうぞ

ゴマくん

昨日の朝の散歩で撮れた、紀州犬のゴマくんとのツーショット。
P1010062
前に「オトモダチの輪っ」という記事を書いた時、ゴマくんだけ写真がなかったのが、やっと撮れた。
このゴマくんに、少し前までビンゴは、遭うたびに威張ってたの。
なんせ初めて遭った4ケ月ぐらいの時から自分より大きい!
でも例えば先日のトーマ君には最初から尻尾フリフリで一度も威張ろうとしてないし、
大きいからって威張るわけじゃないのかもしれないけど…(・・?

でゴマくんの方はビンゴが威張っても遊んで貰ってるって感じで喧嘩にはならず、
ビンゴはゴマくんの背中に手をかけて睨みを効かせてみたり、
要は先輩風を吹かせてる感じ??

それが少し前の散歩で遭った時に、いつもの様にビンゴが威張って唸るとゴマくん、
すかさず大きな頭を下げてビンゴの胸の下に精一杯突っ込むような仕草をしたの。
まるで「先輩、僕そんなに大きくないですから、ほら」って言ってるみたいだった。
ゴマくんも2歳を過ぎて、自分の大きさが分かって来たとか? (・・?

真相は分からねど、以来ゴマくんに遭っても威張ろうとしなくなったビンゴなのです。
P1010059
ゴマくんにはちょっと小さいビンゴの水入れで、一緒に水が飲めたよ。

カテゴリー: えすぽらでぃあ, 犬ネタ | タグ: | コメントをどうぞ

今までで…

一番おっきな友達
P1010046
P1010048
(追記: グレートデンのトーマくんです。)

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | 4件のコメント

逆立ちするフォックス・テリア

少し前にリキくんのママが携帯で撮ってくれた貴重な画像です。

ビデオの再生アプリの関係か? 画面が止まっちゃうので大幅カットせざるを得なかったけれど、ひとりじゃ絶対撮れないと思ってたビンゴの逆立ちシーン(ほんの一部ですが)!

嬉しさが体に収まり切らない?

この前にリキくんが家に遊びに来てくれて大興奮の一幕があったんだけど、ビデオなし。

↓はリキくんちに11月に生まれた赤ちゃんとのシーンから、お顔をぼかして一部だけ。
続きを読む

カテゴリー: えすぽらでぃあ | タグ: | コメントをどうぞ

「ワイヤー魂」余談

少し前に、ワイヤー界では多分有名(メジャー?)なブリーダーさんのブログで、「ワイアー魂」という記事発見。
なんだ? あのにまの記事(「ワイヤー魂」)と同じタイトル? パクられた?(笑)と思って日付見たら、むこうの方が先でした(爆)。
いや、こっちもパクった訳じゃないですから! まったくの偶然!です。
「ワイヤー」と「ワイアー」の違いこそあれ、10日くらいの違いで、同じタイトルの記事書いちゃってたんですね。

で内容は? 
ドッグ・ショーでも活躍するブリーダーさんのブログ、最初はアメリカで専用ジェット機に乗ってショーして回る立派なワイヤー君の話で始まり…「ワイアー魂」ってショー・ドッグの魂の事?
それから、ヨーロッパの名門ワイヤー続々来日!みたいな事が書いてあって……「ワイアー魂」どこ行った?

でも読み進むと、

「ワイアーフォックステリアは、気長に向き合う犬種だと、思っています。
簡単で、楽で、お手軽な愛玩犬を求めるのであれば、それはワイアーではありません。」

うんうん…

そして遂に出て来たキーワード! それはワイヤーが「面白い犬種」だという事。

「…ご家族で代々、ワイアーフォックステリアしか飼わない!という方もたくさん、いらっしゃるほど、面白い犬種」

「…こんな面白い犬は他に居ないんじゃないか…」って勝手な思い込みで書いた「ワイヤー魂」と、同じような事が書かれてるじゃないですか?(…とこれ又勝手な思い込み!?)

更にもうひとつ、とても重要な共通点(これも勝手に)、それは「ワイヤーは喧嘩っ早い」というようなイメージを否定してくれてる事です。

興味のある方は最初のリンクから読んでみて下さい。

面白いと言えば、

ビンゴが2歳くらいの時だったか、トイプー2頭連れて中学生くらいの娘さんと散歩してたお母さんと出遭った。
子供の頃にワイヤー2頭飼ってたそうで、1頭はすごくおとなしくて、もう1頭はガウガウのヤンチャ犬だったとか。
うちも子供の頃にも飼ってたんですよ…
あ~やっぱりワイヤーいいな~、又飼いたいな~、
なんて話をして、ビンゴもトイプーちゃん達と仲良くできて、
最後にその方が娘さんに「おもしろいのよ~、ワイヤーって…」

ワイヤー飼ってる人は皆経験があると思うけど、散歩してると、以前ワイヤーを飼ってたっていう人、必ず話しかけて来ますよね?
みんなワイヤーとの思い出がいっぱい、そして心の深いところに刻まれてるんだと思う。

オマケ: うちのワイヤー・ボーイ
P1010023
ぬぅっP1010026

続きを読む

カテゴリー: 犬ネタ | タグ: | 2件のコメント