スペイン風(犬)パン

RIMG0010焼いてみたっス。

スペインでチャパータ (chapata) と呼ばれるパン。
昔ふう、或いは昔からある田舎のパンかとず~っと思ってたのに、
なんと1980年代にイタリアで作られたパンで、作者も分かってるらしい。(Wiki 知識
皮はパリパリと固く、でもカリカリかじれて、日本の一部の(?)フランスパンのように噛みきれないという事はない。
そして中はふにゃふにゃではなく、しっかり中味の詰まったパン。

でなんでこれを焼いてみる気になったかというとですね、

前のブログで書いた「本当においしいパンの定義?」という記事、
隠れたロングセラーというか…(・・?
未だに時々読んでくれる人がいるのですね。
但し検索で記事に辿り着いた人たちが、
求めていた情報を得られたかどうかは不明ですが…(・・ゞ

ついでに言うと他にも「酸っぱいリンゴが好きなのに…」とか
或いはこのブログの「アスピリンと葛根湯」とかも
結構コンスタントに検索で辿り着いて下さる方が居るみたいで…
…もしかして全然お門違いの記事だったらすみません…(この場で)

で一方、ビンゴが時々オトモダチに貰う犬パンがあって、
飼い主さんの仕事先の近くで
人間用のパン屋さんで作って売ってるそうなのですが、
ちょっといびつな?フランスパンをミニチュアにしたような固くて素朴な感じのパン、
これが非常においしいらしいの。
(そのパン屋さんでも人気で、仕事帰りに寄っても売切れてる事も多いそうです)

そのパン屋さんの袋に ciabata って書いてあって(お店の名前?)、
それを見た時、あ、これはスペイン語の chapata だ! と…

その後色々、中略して…(・・ゞ

…要は「本当においしいパンの定義?」に書いたように
日本では中々おいしいパンにめぐり合わない、
ビンゴにもペットショップで売ってるのよりは
無添加のパンを食べさせてやりたいけれど、
しょっ中買って来て頂くわけにはいかないので、
いっそ自分で作ってみるかと。

で ciabata で検索してレシピ見つけてやってみた訳。
初めてなので分量や発酵時間はレシピ通りにして、
半分は飼い主用、半分は犬用で塩なしにしてみましたが、
何が難しいって、全体でイーストが小さじ4分の1っていうのを
その半分で小さじ8分の1なんて…計れませんってば…(゜゜)

あとタネが柔らかくて思うように形が作れないってのと
(ちっちゃくって不揃いなのが犬用)
量が多すぎてちっちゃいオーブンレンジじゃ1回で焼き切れない…

(でもこれを半分にすると、今度はイーストが小さじ16分の1って…どうやって計るだ? (@@)

でも味はまあまあだったし、
上の点を含めて幾つか改良点を思いついたので、
その内又やってみるべ…と思います。

参考レシピは例えばこちら(「ciabatta レシピ」とかで検索すると、他にもドッサリ出て来ます。動画の付いてるのなんかも)。

あ、犬用は冷凍保存して今日も少しやったけど
解凍プロセスで楽しみが増すらしく、
今んとこ喜んで食べております。

追記(3月24日): 2,3日前の散歩で又分けて頂いたので、写真追加します。
RIMG0064
←これがお店のパン。長さ10㎝足らず…

…一応こういうのをイメージして作ったんだけど、結果は上の写真のようになったっていう…(・・?

広告
カテゴリー: えすぽらでぃあ タグ: , パーマリンク

スペイン風(犬)パン への4件のフィードバック

  1. gogh飼い主 より:

    おいしそうなパン!!!
    食べてみたいですw
    何もつけなくてもおいしいなんて、想像でヨダレでてしまいますよ~。
    犬パンってあるんですね。
    ゴーグ、パンの匂いですぐに寄ってきます。
    なかなか、人間用はたくさんあげれないですけど・・・。
    こんな、手つくりパンなら食べさしてあげたいですね~。

    ビンゴ君、おいしい???オイラも食べたいよ~GOGH

    いいね

    • anonimaniam より:

      gogh飼い主さん: 出来立ては結構おいしかったです。でもバター付けて食べましたけど(笑)
      犬パン、ペットショップなんかにもありますけど、そのお店は普通の人間用のパンを焼いて売ってるところで、犬用も作ってるらしいんです。(少し前に又分けて頂いたので、記事に写真追加しました。)
      ビンゴもパン好きですよ。
      前は人間用のパンのちょっと固くなったのとか(笑)やってました。
      でも塩分が…とか考えてしまいますよね。
      で犬用の「プチ・フランスパン」というのをやるようになったんですけど、保存料とかチキン・フレーバーとかその他色々余計なものが入ってる。味付けしてないラスク、みたいなのを普通に作ってくれたらいいのに…と思うんですけど。

      飼い主の作ったパン、ちょっとブサイクだけど味はまあまあだぜ~…今度分けてやるな!(by Bingo)

      いいね

  2. cazorla より:

    カソルラって パンがおいしくないんです。 田舎は みんな親戚で 値段も一律 じゃ おいしく作っても意味ない という感じ。 工場で作って 冷凍で持ってくるパンのほうがよっぽどおいしい。 私もこれつくろうかな。。。

    いいね

    • anonimaniam より:

      cazorla さん: おいしいパン屋さんがないと困るよねえ…
      スペインのおいしいパンとは比べられないけど、これ結構食べられますよ。
      でも発酵時間が長いので、明日の何時に焼く為には今日の何時に混ぜるとか、寝てる時や外出時にならないように考えたりとか、ちょっと決心しないと作れない(笑)。
      スペインて強力粉とか薄力粉とかじゃなくて、全部 harina de trigo って売ってたと思うんですが、パンを焼くための小麦粉ってあるんでしょうか?

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中