犬語会話


犬語って言うとワンワンとかキャンキャンとかキュンキュンとかウーッとか、まあそういうのを思い浮かべるかと思うのですが、実は彼らの会話の主要な部分は無言なんじゃないか、いわばテレパシーみたいなので話し合ってるんじゃないかと思う。
だって人の心を読み取るべく進化して来て、実際人との関係において信じられないような察知能力を発揮する彼らですよ!
お互いそういう能力のある犬同士のコミュニケーションで、それを使わないって手はないと思うのよね。

ボディ・ランゲージとかカーミング・シグナルみたいなのも含めて、要は彼ら同士、特に声を出してなくても色んな事をお喋りし合ってるんじゃないかって事です。

で犬語・犬語会話とか、犬語・ヒト語会話とか、色々あるけど今日は省略して、

ビンゴが小さい頃から散歩で時々会うAくんという犬の話。

最近でこそ生意気になって年下の男の子には威張ったりするビンゴだけど、
小さい頃は誰にでも遊ぼう、遊んで~って行ってたし、
とにかく誰にでもグイグイ近づいて挨拶(確認?)したがる。
で相手が吠えたり威嚇しても、めげずに尻尾振り続けてる、
そんな仔犬だったのにですよ、
このAくんに対してだけはどうも勝手が違うの。
一度も怒られた事ないし、他の子に吠えるのも聞いた事がない、
飼い主からみると優しい先輩だなあと思うのに、
そのAくんに近づいて暫くクンクンされると必ず、
ビンゴの方から「いえ結構です、すいません…」みたいな感じで後ずさり。
自分からグイグイ行っといて、ですよ。
それも、いつどこで会っても必ずそうなるし、
後ずさりする時のビンゴは、ほんとに情けない困った顔してるの。

ビンゴが青年期?にかかる頃になると、
遠くにAくんが見えて、あ、犬だ!って行きかけても
途中でそれがAくんと分かると「しまった、間違えた」って
踵を返して戻って来たりして…露骨というか何というか(笑)

もしかしてAくん、
テレパシーで何かすっごく嫌な事を言ってるんじゃないか?
…というようなトテツモナイ事を考え始めてたある日、
オトモダチのモコくんと公園にいた時にAくんが通りかかって、
最近のビンゴはAくんと分かると、牽制の唸り声を発したりするので
近づけないようにしてたんだけど、
モコくんは誰とでも遊べる超フレンドリーな子なので、
モコくんとAくんがどういう(初対面の)挨拶をするのか観察してたら…

その超フレンドリーなモコくんが、ですね。
Aくんにクンクンされて、やっぱり
「ちょっと…遠慮しときます」みたいな感じで…
「引いてる」ではないですか!

やっぱりそうなんだ…
ってAくんには申し訳ないんだけど、
一体どんな「嫌な事」を囁いてるんだろうって、
なんかそういう想像しちゃうんだよね…(・・;)

ところで上の写真(クリックで大きくなります)で一緒に写ってる黒シバのやまと君。
ギリギリやまと君が大人になる前に出遭って、
ビンゴは年下なのに自分より大きいやまと君に最初は威張る! けど、
やまと君がおっとりした優しい性格で威張られてもニコニコしてるし
(吠えられても黙って尻尾振ってたビンゴと、ある意味テンションが似てる?)、
威張り終わるとビンゴも気がすむ?みたいで、暫くすると仲良く遊んでたりするし、
未去勢のオス同士でもず~っと仲良くできるかな? できるとといいな…と思いつつも、
やまと君がこれから段々大人になって行くに連れて
(最近自己主張も出て来て、ビンゴが威張ると時に言い返したり?)
2頭の関係がどう変わるのか? その辺が未知なのですが…、

…だけど、でも、先日ドッグランで撮った(偶然撮れてた)この写真!
お互いに目と目を覗きあってるような2頭の様子をみると、
大丈夫かな?って思うんだけど、どうだろ? 希望的観測!?

広告
カテゴリー: 犬ネタ タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中