無くてもいいもの

換気扇のフィルター、2,3年前に通販で買った「水だけで汚れが落ちる」ってコーティングがしてあるヤツ、今イチ。
確かに水で汚れは落ちるけど、結構手間と時間がかかる。
ちょっと汚れるたんびに水洗いすればいいのかもしれないけれど、
それなら普通のフィルターでもいいワケで、
そんなにマメに掃除してられんから、少しでも掃除のラクそ~なのを買ってみたワケで…

でも折角買ったので、それに元々付いてたヤツよりはマシなので、付けておりましたが、

この夏、そろそろ洗わなくっちゃなあ…と思いながら毎日眺めていて、
遂に洗いかけたのだけれど一度では奇麗にならず、
又その内トライしようと流しの脇に置いておき…

要はフィルター外したまんまで数週間が過ぎ…

…フィルター無くてもいい気がして来た。

フィルターを付けてたって換気扇が汚れる事を完全に防ぐのは不可能なワケで、
いずれは換気扇のクリーニングとかしなくてはいけなくなるワケで、

元々マンション建設時にコストの安かったモデルを付けたに違いなく、
作りもデザインも惜しいと思うところが全然ない製品だしサ。

換気扇自体の油汚れは、回してるうちに溜まって垂れて来たり、レンジにポタリと落ちたものを、アルコールのウェットティシューで拭き取れば、フィルター洗うよりず~~っと簡単だしサ。

そういえば昔の換気扇(プロペラみたいな羽の付いたヤツ)にはフィルターなんてなかった。
マドリッドで家を探した時に、ある物件の台所にそういう換気扇があった。
フードは銅製のアンティークな感じで、その奥にプロペラの換気扇が付いている。
それまで賃貸に出してたそのアパルタメントを売ろうとしてた中年の婦人は、面倒な掃除をするより、安いプロペラを買い換えた方がずっといいとアドバイスしてくれたものだ。
銅のフードも気に入ったし、その他の仕様も好みで、もう少し広かったら決心してたかも…という家でした。

更に昔は換気扇なんてものもなかったワケで、
でもまあ今の日本の集合住宅で台所に換気扇がないのはちとキツイと思うけど、
なにも最新モデルである必要はありませぬね。

シロッコ・タイプというの? 要はプロペラ式じゃなくて、フィルターで覆われたヤツ
換気扇というとそ~ゆ~のになっちゃったのって、いつ頃ですかね?
高くて掃除がメンドーなだけって気がして来た今日この頃。

折角買った特殊コーティングのフィルターですが、暫くこのまま仕舞って様子を見ようと思う。
で万一油汚れで換気扇が壊れたりしてしまったら、
あのマドリッドのアパルタメントにあった銅のフードみたいなのを探して来て、
プロペラ式の換気扇を付けるとか?

…周りの安っぽいタイルと、ど~にもシックリ来ませんが…
標準品じゃない物って探すの大変だし…
見つけても逆にすんごく高くつく可能性多々あり…

「無くてもいいもの」が付くのが「標準」になるというプロセスがオソロシイ…

広告
カテゴリー: 試運転 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中